title_news

Webフォントデザインアワード 2013 一般部門/準グランプリ

2013年12月18日 / MEDIA

dy_web_640g_2

KARAPPOがデザイン、開発した Dramatic Yotsukaido のウェブサイトが、Webフォントデザインアワード 2013 で、一般部門/準グランプリを受賞いたしました。このサイトのためにタイプデザイナーの両見英世さんと開発した、javascriptによる和文の自動カーニングのシステムなどが評価さています。

審査員の永原康史さんの評価(以下引用)

欧文書体設計において、文字のかたちと同等に力を注ぐのがカーニングの設定である。和文の場合は、ベタ組みという便利なものがあるのでさほど注目されないが、それでも字送りの美しさには気を配る。特に横組みが標準となるWebページではなおさらである。本サイトは、小振りの優しい書体を用いて作られており、ゆるい印象を与えながらも、見出しはJavaScript によって細かく字間調整されている。唯一、Webタイポグラフィと呼べる仕事を評価した。

 

Web Designing 2014年1月号にも掲載されています。

Webフォントデザインアワード2013
http://book.mynavi.jp/wd/webfont/2013/