title_news

THEATER Q

2014年3月29日 / EVENT

Theater_Q_640

千葉市科学館のプラネタリウムを使った音楽と映像のイベント「THEATER Q」の企画やアートディレクションにKARAPPOで参加しています。千葉市として映像イベントを開催したいというところからプロジェクトがスタートし、KARAPPOは企画の段階から参加、会場の選定や出演アーティストの提案を他の企画メンバーとともに行い、広報関係のグラフィックやウェブなどのアートディレクション・デザインをしています。音楽は宮内優里さん、映像は右左見拓人さん( noTempo )と土肥武司さん、そしてKARAPPOもタイトルなど一部の映像で参加しています。

ウェブサイトはこちら
THEATER Q(シアターQ)

THEATER Q
出演:<音楽>宮内優里
<映像>右左見拓人 ( noTempo ) / 土肥武司
日程:2014年3月30日(日)
時間:19:00 – 19:45
場所:千葉市科学館 プラネタリウム (Qiball 7階)
料金:大人 500円、高校生 300円、小・中学生100円
定員200名(先着順)
主催:千葉市, (公財)千葉市文化振興財団, 千葉市メディア芸術振興事業実行委員会
共催:千葉市科学館  機材協力: RICOH  企画・制作:1001P

Webフォントデザインアワード 2013 一般部門/準グランプリ

2013年12月18日 / MEDIA

dy_web_640g_2

KARAPPOがデザイン、開発した Dramatic Yotsukaido のウェブサイトが、Webフォントデザインアワード 2013 で、一般部門/準グランプリを受賞いたしました。このサイトのためにタイプデザイナーの両見英世さんと開発した、javascriptによる和文の自動カーニングのシステムなどが評価さています。

審査員の永原康史さんの評価(以下引用)

欧文書体設計において、文字のかたちと同等に力を注ぐのがカーニングの設定である。和文の場合は、ベタ組みという便利なものがあるのでさほど注目されないが、それでも字送りの美しさには気を配る。特に横組みが標準となるWebページではなおさらである。本サイトは、小振りの優しい書体を用いて作られており、ゆるい印象を与えながらも、見出しはJavaScript によって細かく字間調整されている。唯一、Webタイポグラフィと呼べる仕事を評価した。

 

Web Designing 2014年1月号にも掲載されています。

Webフォントデザインアワード2013
http://book.mynavi.jp/wd/webfont/2013/

たのしい教室

2013年11月7日 / EVENT

子どもたちの創造性を育むための教室「たのしい教室」で、図工の授業を担当することになりました。

KARAPPOの授業のテーマは、「あそびをツクル!」

色んな遊びを分解してみたり、改造してみたりしながら、自分たちだけの遊びを作ってみる授業です。授業では、鬼ごっこやしりとりなど、みんなが一度は遊んだことのある遊びを題材に、新しい遊びの「設計図」を考えます。もちろん遊びは遊びながら作ります。

 

たのしい教室 千葉校
2013年11月9日(土)8:40〜
場所 SHI TSU RAI(稲毛海岸)
http://tanoshii.shi-tsu-rai.com/

 

たのしい教室のウェブサイトはこちら
http://tanoshiikyoushitsu.com/

ALT OSC – Flick Pad

2012年7月11日 / OTHERS

ALT OSC – Flick Pad
 
マルチタッチ操作に特化した iPad+iPhone用のOSCアプリケーション『 ALT OSC 』をリリースいたしました。
http://itunes.apple.com/us/app/alt-osc-flick-pad/id530374692?l=ja&ls=1&mt=8
 
ALT OSC 公式サイトはこちら。
http://altosc.com/ja/

ALT/OSC : Presentation at TMUG #18

2011年5月27日 / EVENT

ALT/OSC  – Alternative OSC –

TMUG (Tokyo Max Users Group) にて、KARAPPOは、ALT/OSC という iOS、Android端末で動作するアプリのデモと、それを用いたライブを行いました。ALT/OSCは、プログラマブルな環境だからこそ実現可能な機能を搭載した、新しいオーディオヴィジュアル・コントローラー・アプリです。今後様々なアーティストととのディスカッションも行い、ブラッシュアップをしていきます。発売は、2011年の夏を予定しています。ご期待ください。